ManicaCamicia

マニカカミーチャ(雨降り袖)

2017.04.12

イタリアスーツを語る上で外せない仕様といえば

"マニカカミーチャ(雨降り袖)"仕様が挙げられると思います。
特に南イタリア系スーツに使われる仕様なのですが、簡単に説明しますと
肩パットが入っているか入っていないかの仕様の違いなのです。
ManicaCamicia
 
スーツの肩周りはパット・芯で形成され男らしいシルエットや型崩れを防ぐ役割等ありますがその副資材を排除し、より軽さや動きやすさを追求した仕様となっています。
好みの違いはあるかと思いますが、柔らかい雰囲気やスーツをカジュアルに着こなすことができ堅苦しさを取る払うことができるのです。
また、肩部分に独特の雨が降っているかのようなシワを寄せ袖付をする”雨降り袖"。
シャツのような着心地のできる仕様として、"シャツ袖"とご用意しております。
雨降袖、シャツ袖共に通常の袖付けに比べ、多くの生地を使用し"いせ込み"(平面である生地を少しづつ、丸めるように追い込んで取り付けてゆく)により袖山をふんわり仕上げてゆく作業になる為、肩の可動域も格段に増え、
袖側の生地を少しずつ縮めながら肩穴に縫い合わせていくわけで、非常に高度なアイロンテクニックと縫製技術が要求されるのです。
この技法はナポリの手縫いスーツに必ず見られる技法であり注目のディテールなのです。
肩のパットに合わせ胸元の芯地も抜いてしまう仕立て(アンコン)で合わせるとより軽い着心地を体感できますが上記でも説明したように技術が必要那作業となる為縫製ランク、生地によってはこの仕様に向かない物もあります。
あまりにしなやかな生地や、艶っぽい生地にはできるだけスーツとしての雰囲気を大切にしていただきたいので
normal editonでの一枚仕立てではあまりオススメはできません。
対してコットンや麻に代表されるカジュアル素材であれば最大限に特徴を活かすことができますので是非とも試していただきたい仕様となります。
肩パットを抜くだけの仕様はLow price editionでも可能ですが、袖付けに関しましては通常になりますので、重量的に軽くなるだけと思ってください。
normal editionではいせ量を多く取りシャツ袖付けとなりますが、一枚仕立てを完璧に仕上げる工程までは出来ません。
Platinum editionでは一枚仕立てによる技術力を備え、完璧に仕上げることができます。
いせ込み量もシャツ袖よりも多く取り、ふんわりとした雨降袖で仕上げることが可能です。
プラチナムエディションは既製服では信じられない手作業の多さにあり、巧みな技術が詰め込まれ完成されているのです。
各editionでの袖付けに関しましてはお打ち合わせの際ご相談いただければと思います。
スーツの新しい形をこの機会に是非お試しください!
 
*シャツ袖normal edition、platinum editionのみ可能
*雨降り袖platinum editionのみ可能

blog一覧へ戻る

POPULAR POST

CATEGORY