biancco

プライスについて

2018.06.20

"オーダースーツを楽しんでいただきたい"

と言う思いから用意しております
生地や、縫製ランク、多種多様なオプション。
取扱オーダー商品まで年々増え続けており少々わかりずらくなってきているのも確か。
まだまだ足りないとは思いますが少し説明させていただこうと思います。


まずはじめに「生地ランク」
o-da-su-tu
Bianccoでは生地見本に色や番号のシールを貼り、生地自体の品質・単価により生地のランク分けをしております。
市場にありふれていない生地や高級素材が混紡されている生地はそれだけ価値のあるもので生地自体の価格も上がるため、価格差をつけさせていただいております。
中にはセール生地として、毎シーズン宝探し感覚で探していただく生地見本もご用意しておりますので楽しみの一つとしてご利用いただきたいと思っております。
ビアンコの生地ランクで言うはランクを下げて提案させていただいている生地でより気軽にオーダーしていただきたいと言う思いから値付けしている商品となります。


次に「縫製ランク」につきまして。
高級オーダー
Bianccoではeditionと言う型でランク分けさせていただいております。
"オーダースーツ"の中にもランクがあるのはご存知でしょうか。
フルオーダー、パターンオーダー、イージーオーダーの括りではないランクを。
それは工場や、工程・技術レベル、縫製加工料によってランク分けされているのです。
安価な価格帯のオーダースーツは、同じ工場で縫製していると言うことも珍しくはありません。
使っているパターンや、仕様などはそれぞれ違うかと思いますが、どれだけ工場のクセを理解しスーツを仕上げるかが店舗や担当者のレベルが問われるところでもあり店員を見て店舗を決めろとはそういうところから来ているのかもしれません。
”low price edition"ではオーダースーツとはどういうものなのか。
手始めにスーツをオーダーしてみたいと思っているお客様向けに。
"normal edition"では仕様やデザインがlow priceでは満足行かなくなったお客様へ。
"platinum edition"はより本格的に、
違いのわかるお客様向けに用意した縫製ランクなのです。
Bianccoのプライスにはそれぞれ深い意味がございます。
意味があるからこそ、違いも明確にあります。
オーダースーツ業界では横並びの価格帯ですが、違いを体感していただくことがBianccoでは実現できます。

blog一覧へ戻る

POPULAR POST

CATEGORY