order_necktie

ネクタイの生地

2018.12.08

ネクタイの生地ってどんな素材で作っているかご存知でしょうか?

スーツやシャツに比べあまり意識していないお客様も多いはず。
安価なものだとポリエステル100%・ポリエステルシルクなど、衣料品と同じように混紡素材が多くなっています。
気軽に雰囲気を変えるには手に取りやすいのですが、糸自体が強すぎたり、ミシンで縫われるネクタイは閉めたときにゆるみやすいという欠点もございます。
安いなりの理由があるということなのです。
度々ネクタイを締めなおしているというのもあまりエレガントではありませんよね。
order_necktie
今年から始めたBiancco”ネクタイのオーダー”ですが、もちろんネクタイも生地にこだわってセレクトしています。
全てお勧めの商品なのですが、今回2種類だけ紹介させていただきます。
まず、野蚕(やさん)と家蚕(かさん)の混合メランジ生地です。
この生地は野外で育った蚕(野蚕)と、屋内で育った蚕(家蚕)の糸を混合させて織った生地となり、野蚕はシルクの中でも流通量が少なく、非常に希少な生地なのです。
野蚕の糸を混合しているため、手触りが通常のメランジ生地と比べざらついた感じとなり、光を当てると独特な光沢を見せるのが特徴となっております。
色はボルドーと緑の2種類のみとなりますが、紺系・グレー系どちらのスーツともなじみの良い色であり、表面がざらついていますので、起毛のスーツに合わせても良いと思います。
order_necktie
そして2つ目は何種類かご用意させていただいている無地の生地の中の1つでもある約50オンスの非常に厚手の生地です。
存在感のあるネクタイに仕上がり凡庸性のある無地なのでどんな色柄のスーツやジャケットにも相性が良いものになります。
ただ、作り手として非常に扱いの難しい生地なのです。
繻子織(サテン)ですのでキズが付きやすく、また厚手のため一度折れたりシワが付くとなかなか元に戻らない性質があります。
そうした性質から手縫いで丁寧に縫わないとネクタイにするのは難しく、一般的にはほとんど流通していない生地なのです。
オーダーメイドだからこそ扱える生地だと思いますので、是非お試しいただければと思います。
order_necktie
他にも数多くの生地を用意しております。
お持ちのスーツやジャケットとの色柄合わせなど、お気軽にご相談ください!

blog一覧へ戻る

POPULAR POST

CATEGORY