Brownsuit

最初に揃えるべき3着のスーツ

2021.05.17

「スーツは最低中2日休ませる。」

先日のBlog【スーツって何着必要?】でもお伝えした通り、スーツには休息時間が必要です。
スーツを3着揃えると、スペアパンツなどを使いパンツのみ交互に使いジャケットを連投させるより”見た目”にも”コスト”的にも優れているのでは?と思うのです。
毎日違うスーツでいる方が”着るものにも気を使っている感”出ますよね。

そこで、実際にどのような生地で3着揃えるといいのかをお伝えさせていただきます。

 

 

1着目
 紳士の極み「ネイビー無地」

navysuit

スーツは”紺で始まり紺に終わる。”とも言われるようにネイビーから揃えて下さい。
柄物や明るめのブルー系は3着揃えた後で。
ここで紹介させていただくのはTollegno(トレーニョ) 3D Wool。99%のウールと1%のポリウレタンを使った伸縮性のある生地で素材感のある質感からジャケットとしても使いやすく多くのコーディネートに活躍すること間違いありません。

 

 

2着目
 大人の魅力「チャコール無地」

Charcoalgraysuit

ビジネスシーンはもちろんフォーマルでも使えるチャコールグレー無地。
こちらは比較的「つるん」とした生地で、パンツ単品としても使うことを念頭に置いたストレッチ(ポリウレタン)入り。Paulo de Oliveiraの平織りトロピカルウールです。
同ブランド特有の天然素材の雰囲気を存分に活かした上品な質感は着心地とともに満足していただけるかと思います。1着目のネイビージャケットとこちらのパンツを合わせて「定番ジャケパンスタイル」として使えるもの良いところです。

 

 

3着目
 新たな定番「ブラウン無地」

Brownsuit

明るいブラウンは抵抗のある方でも意外と使い勝手の良いダークブラウン。今回選んだのがVBC (VITALE BARMERIS CANONICO) Super120's 。はいわゆる「つるん」とした生地で上品雰囲気を醸し出します。また、ネイビーのジャケットにブラウンパンツ。ブラウンのジャケットにチャコールのパンツと他2着との相性も良い。

この3着で様々な組み合わせが楽しめ、シャツ・ネクタイもそれほど迷わずデニムやチノとの合わせも簡単なのです。ぜひこれを参考にオーダーしてみてください!

*組違コーディネート例 ↓

 

Navy_Charcoalgray

Navy + Charcoal gray

 

Navy_Brown
Navy + Brown

 

Brown_Charcoalgray
Brown + Charcoal gray

blog一覧へ戻る

POPULAR POST

CATEGORY