half-black-waists

シューズのオプション(半カラス、釘打ち)

2021.03.31

ソールの仕上げについて。

・半カラス仕上げ

靴底は3色(ブラック、ブラウン、ナチュラル)の中から選択していただけますが、"半カラス"仕上げという2色で構成されるソールもお選び頂けます。
通常ブラウンやナチュラル色のソールに対し、ブラック1色で塗られたソールは"カラス仕上げ"と言いドレッシー(フォーマル)な印象となりますのでこちらも高級靴でしか見られないディテールなのです。
また、ドレッシーさとは裏腹に、黒1色で塗られたソールは塗料で床を汚す可能性があるため土踏まずより前側のみをブラウンやナチュラルな色で仕上げるのが「半カラス」仕上げと言います。

半カラス仕上げはウエスト部分だけが濃い色(ブラックやブラウン)で構成されているため、シューズのくびれが視覚的に強調されるように見せる効果もあります。
足を組んだ時、階段を上り下りする時、歩いている時などちょっとした瞬間に見える場所でもあるのです。細部までこだわりのシューズをオーダーされる際にはぜひ。

・釘打ち

レザーソールで気になるところに一つに「つま先の削れ」が上げられます。
歩き方の癖やシューズの返り、ソールの硬さなどが原因となりしょうがない部分でもあるのですが少しでも削れを抑える仕様として”釘打ち”が上げられます。
「化粧釘」とも呼ばれるように様々な打ち方があり、模様のような配置からそう呼ばれることもあります。
つま先の削れを抑止する方法としてはスチールを打つ方法もあるのですが、どちらも床や道にとってはあまり優しくない仕様になります。

「半カラス」と同じように、靴底部分にあたる仕様となるので着地面に釘やスチールが当たり傷の原因になることもあります。
ピカピカな床、ウッドフロア、白タイルの場所にはどちらのオプションも最適とは言えないのです。
オプションを選ぶ際には少し気にしてみてください。

half-black-waists

*「半カラス仕様」、「釘打ち」はオプションのinsert_link クローズドチャネル時のみ選択できます。

blog一覧へ戻る

POPULAR POST

CATEGORY