革靴

シューズのオプション(スペードソール、ダブルソール)

2021.03.15

ソールの厚みについて。

表題の通りBianccoのオーダーシューズは通常シンングルソールで作られますが、オプションとして2つの”厚さ”をご用意しており厚さによって履き心地や見た目が左右される部分でもあります。

デフォルトのシングルソールはシングル(1枚)で構成される5mmほどの厚さのソールとなっており、他のタイプに比べ底が薄いため、足なじみが早く返り(曲げやすさ)やすい特徴がありますが、なぜその歩きやすいシングルソールを避けオプションでもある他の”厚さ”にするのか。

single_sole

↗︎ *シングルソール。つま先から土踏まずまで均一な厚さになっております。

オプションその①
ダブルソールは厚みがあることによる「丈夫さ」や「重厚さ」がウリのオプションになります。
ダブルソールもその名の通り2枚で構成されているソールとなりますので、やはり1枚分重くなりますがその重厚さは他に代えがたい見た目となるのです。
シューズ全体の重さにより、返りが悪く馴染みに少々時間がかかり体重の軽い方だとさらに・・・
また馴染むのに時間がかかる故、つま先やかかとの削れが早く感じるかもしれません。

 

オプションその②
スペードソールは簡単に説明しますと、シングルとダブル2つの良いところを取ったものとお考え下さい。
足裏全体を2枚で構成するのではなく「前側のみ2枚」で構成されたソールになります。
シングルソールのような返りをもたせつつダブルソールのような重厚感を持たせたもので、"ハーフミッドソール"とも呼ばれます。
また、ソールが土踏まずにかけ1枚へと絞り込まれてゆくのでウエスト部をより強調する仕様と言っても良いでしょう。

soles

↗︎ *ダブルソール。コバは丸く処理しておりますが、土踏まずまで厚みのあるソールになっています。
↘︎ *スペードソール。土踏まずにかけ1枚のソールへ絞り込まれています。

角度を変え

soles2

↗︎ *ダブルソール。。
↘︎ *スペードソール。

靴底の厚さは路面状況なども厚さにより感じやすかったり、感じにくかったりと歩行時の感覚にも変化のある箇所です。ボコボコした路面も歩行時のストレスともなりませんので、見た目はもちろん"感覚"も踏まえオプションを選んでみてはいかがでしょうか。

 

insert_link その他オーダーシューズのオプションはPRICE LISTをご覧ください。

blog一覧へ戻る

POPULAR POST

CATEGORY